So-net無料ブログ作成
検索選択

新潟2歳S、馬連294倍的中♪ [馬]

1 16 マイネイサベル 牝2 54.0 松岡正海 1:34.5   33.5 450 0 水野貴広 9
2 1 マイネルラクリマ 牡2 54.0 石橋脩 1:34.5 クビ 34.1 454 -4 上原博之 10
3 12 レッドセインツ 牡2 54.0 四位洋文 1:34.6 3/4 33.7 428 +8 角居勝彦 5

馬連 1-16 29,400円

本命も対抗もこの3頭の中にはいなかったんですが、7頭BOXで買った馬連が的中。
2100円が29400円になりました♪

ちなみに同日の小倉2歳Sも同様に7頭BOXで買って馬連当たりましたが、人気どころだったので、2100円買って当たったのは790円でした…。

札幌記念予想 [馬]

札幌記念(GⅡ)
◎アーネストリー
◯アクシオン
▲ジャミール
△ヒルノダムール
△マイネルキッツ
△ドリームサンデー

宝塚記念3着で、それ以前も好調を持続している◎アーネストリーが頭一つ抜けています。

相手は穴ですが◯アクシオン。宝塚記念は良くなかったものの、休み明け3戦目で調教もよさそう。
もともと実力がある馬で、札幌も(2.2.0.0)と連対率100%。
SS産駒最後の世代で、鞍上も以前勝ったことがある岩田騎手で、問題ないかと!

マイネルスターリーが勝った函館記念は、ホワイト騎手の騎乗で大差で1着でしたけど、このレースは2着以下もだんご状態で、あんまり信用してないのですが、2着だった▲ジャミールは、阪神大賞典2着など、もともと実績のある馬。展開が向けば一発も。

△ヒルノダムールはダービー以来。調教も良かったようで、いい競馬をしそう。
ただ、古馬対決経験がないので、意外とがっかりな結果ということもあるかも…。

△マイネルキッツは、有馬5着、AJCC杯4着、日経賞優勝、春天2着と立派な近走。
札幌も実績ありますし、普段なら本命候補なんですが、調教の仕上がりが微妙らしく、関係者のトーンが上がらないので△評価で。

△ドリームサンデーは、単騎で逃げられれば。

昨日に引き続き、新潟メインで万馬券的中♪ [馬]

万馬券が当たったからブログ更新しました、みたいなことを書いたら、昨日に引き続き、今日もあたってしまいました。
これは、ブログを更新しろというお達しなのだろうかw

ということで、新潟メインは関屋記念(GⅢ)

1 16 レッツゴーキリシマ 牡5 56.0 北村宏司 1:32.9   33.2 476 -4 天間昭一 6
2 9 セイクリッドバレー 牡4 56.0 松岡正海 1:33.0 1/2 32.1 482 -12 高橋裕 2
3 17 リザーブカード 牡7 56.0 内田博幸 1:33.1 3/4 32.4 492 -8 栗田博憲 10

3連複 9-16-17 18,390円 59番人気

これですが、単騎で逃げられる16レッツゴーキリシマの1頭軸の3連複、相手を6頭で15通りを200円買ってました♪
相手はマイル実績のある2,8,10、新潟芝実績のある9,17、前走ハイペース先行の良いレースをした13。
結局、単騎逃げは展開がはまったとして、残りは新潟実績の2頭がきました。6や15も新潟実績はいいんですが、いかんせん近走がよくなかったので。

ちなみに、函館2歳Sは、堅いレースでした。

1 7 マジカルポケット 牡2 54.0 安藤勝己 1:11.2   35.9 472 +12 領家政蔵 2
2 1 マイネショコラーデ 牝2 54.0 和田竜二 1:11.2 ハナ 36.2 466 -2 吉田直弘 1
3 13 ルリニガナ 牝2 54.0 藤岡佑介 1:11.4 1 1/2 36.1 458 0 伊藤大士 3

馬連 1-7 620円 1番人気

でも、1から2,6,7の3点馬連勝負(各500円)だったので、掛金の約2倍強になりました♪
怖いくらいにあたってるなあ…。

あと、日曜はオフ会。12名集まって、新宿パセラ→炭火焼肉山星へ。楽しかったです☆
事前にお願いしていたので、パセラで今日のミュージックジャパンを、みんなで見ることができました。
ゆかりんが映ったところはとても盛り上がりましたw まさかFCイベントの様子が映るとは!
ひみおさんNHKデビューおめでとうございますw(←FCイベントの観客席に、最前だったので小さく映ってましたw)

土曜函館メインで万馬券的中♪ [馬]

あんまり更新しなくなってから、競馬あたっても別に書いてきませんでしたが、昨日更新して、翌日に万馬券がたまたまあたったので、とりあえずメモしておきますw

土曜函館9R みなみ北海道S
1 4 トウカイメロディ 牡3 50.0 吉田隼人 2:40.1   35.8 444 +10 後藤由之 2
2 1 ホクトスルタン 牡6 57.0 藤岡佑介 2:40.6 3 36.9 504 -8 庄野靖志 3
3 15 メイショウクオリア 牡5 56.0 長谷川浩大 2:40.7 3/4 36.8 470 +2 西橋豊治 7

3連単 4-1-15 19,140円 42番人気

ということで、15から1・3・4にマルチで18通り流していたうちの一つがあたりでした。

フェブラリーS続き [馬]

オーロマイスター、取り消したんですねw
そして、各所からご指摘、ありがとうございました。
すいません、新聞の予想主体なもので…。

どうしようかな。
○から馬連で流すとか、その程度でいいかなあw
ああ、ちょっとテンション下がっちゃったw

東京11R フェブラリーS予想 [馬]

◎10オーロマイスター
○12グロリアスノア
△6サクセスブロッケン
△16ワイルドワンダー
△4エスポワールシチー
△3テスタマッタ

とりあえず、結構な穴予想ですw
今回は芝からの転戦組が多く、注目を浴びていますが、初めての芝でGⅠが勝てるほど、近年のダート路線は甘くありません。
確かに、日本で主流の芝レースで、GⅠを既に勝っている馬などの番狂わせも、可能性はあります。
そして、芝よりも先行有利なダートだけに、逃げ先行の馬がこぞってやってきた感じ。
ダート路線組では1番人気必至のエスポワールシチーも、逃げ馬。
ここまでのメンバーを考えて、ペースが遅くなるわけがありません。

となると、厳しいペースを逃げ切るより、ダートで差せる豪脚を持つ馬が、一気に差し切る展開になるのでは。
そう考えると、前走根岸Sを差し切って優勝した○グロリアスノアが候補筆頭になります。
しかし、さらに注目したいのは、その根岸S3着だった◎オーロマイスター。
上がり3ハロンは、グロリアスノアと同じ35.5。直線での位置取りの差が、そのまま差として残ってしまいましたが、能力は互角。
その根岸S、重量が、オーロマイスターの方が1kg重かったのです。
今回は、同じ重量になりますので、差も縮まります。
また、フェブラリーSは、ここ数年の結果から、外枠有利な傾向にあります。
オーロマイスターは10番、グロリアスノアは12番と、どちらも外枠なのも好材料。
なので、今回はこの2頭軸で、3連単マルチに流そうと思います。

相手は、前走東京大賞典でヴァーミリアンを破ったサクセスブロッケン。
ダート4連勝中、うちGⅠ3勝の最優秀ダート馬、エスポワールシチーは、いくら逃げ馬でもノーマークにはできません。
躓いた武蔵野S以外は全て3着以内のテスタマッタも可能性はあります。
そして大穴は、大外枠の8歳馬、ワイルドワンダー。
これまでの1400m~1600mでのダート戦績は、なんと(6.3.5.1)。
ワイド圏内に入った率は、なんと93%!
もっともレースのレベルの違いなどもありますけど、今回は差す展開にも合いそうですし、一発に期待したい一頭です。

まあ、芝転戦組にあっさりもっていかれたら、そんな力関係だったのねと、素直に諦めますw

東西金杯、両方的中♪ [馬]

中山金杯(GⅢ)
◎ 4 アクシオン-▲12トウショウシロッコ

京都金杯(GⅢ)
▲ 7 ライブコンサート-○ 5 スマートギア

ということで、なんとなんと東西金杯予想は、どちらも馬連的中!
もっとも、中山の方では、3着に15番人気のトウショウウェイヴが入り、3連複・3連単で勝っていたため、馬券的には外してしまいました。
僅差とはいえ、アクシオンはあの混戦を首差で勝てるのだから、根性あるんですねー。

しかし、京都の方では◎○▲の3点馬連BOX×1000円で購入していたので、こちらでプラス計上♪
馬連で13.8倍つきました♪
そして、ゆかりんのツアー成功祈願で、「がんばれ!ライブコンサート」応援馬券も購入したのですが、実はライブコンサートの単勝、馬連よりも倍率が高くて、14.3倍w

レースの方は、マイネルレーニアが予定通り逃げる中、先行はちょっと息切れ。
最後方から大外を回して突っ込んできた武豊のスマートギアが差し切るかと思いきや、馬群からするっと抜けた岩田騎手のライブコンサートまでは届きませんでした。

とりあえず、今年はプラス収支から始まるという、珍しい一年の始まりでしたw

東西金杯予想 [馬]

中山金杯(GⅢ)
◎アクシオン
ゴールデンダリア
▲トウショウシロッコ
△サニーサンデー
△マヤノライジン
△ヒカルカザブエ

ここ最近の極めて安定した走りといい、前走はスローペースにもかかわらず、差し切っての優勝といい、軸はアクシオンで間違いないでしょう。
相手は昨年リーディングジョッキー、内田騎手の乗るゴールデンダリア。
次点は、福島記念の1着2着馬を。斤量の差からして、トウショウシロッコを上と見ました。
あとは叩かれて一変の見込みがあるマヤノライジンと、前走のアルゼンチン共和国杯で、スローペースで追い込んで3着のヒカルカザブエまで。


京都金杯(GⅢ)
◎12 マイネルファルケ
○ 5 スマートギア
▲ 7 ライブコンサート

前走、マイルのGⅠで、逃げて2着のマイネルファルケに期待します。コースも按上も同じですし。
対抗は、武豊のスマートギア。ここ5戦のうち4戦が2着。なかなか勝ちきらないものの、末脚は堅実。
▲は、岩田騎手が引き続き騎乗するライブコンサート。
ゆかりんツアー中ですし、ここでひと花咲かせて欲しいところw

大井競馬 東京大賞典(JpnⅠ)予想 [馬]

中央競馬は、有馬記念のドリームジャーニー優勝で幕をとじました。
そして地方競馬の今年最後のビッグレース、東京大賞典。
終わりよければすべてよし。有馬がよくなくても、最後はここで有終の美を!

ゴールデンチケット
○サクセスブロッケン
▲ヴァーミリアン
△フリオーソ
△ボンネビルレコード

恐らく3-2-1番人気での予想になります。
大外枠の人気馬2頭が○と▲。
これが好位につけて、レースを引っ張ることになりそう。
逃げるのは、順当なら△フリオーソ。

地方は中央に比べ、どうしても小回りなため、短い直線ではどうしても末脚を発揮することができず、先行有利の傾向があります。
なので、有力馬はみんな前に…。

でも、ブロードアピールのような強烈な追い込み馬の主役的存在が、ここのところあまり…ということもありました。
そこで、3歳馬ゴールデンチケット。
前走、ルメール騎手の手によって、新たな追い込みの一面を見せてくれました。
JCダート3着は立派。
ハイペースで前で競り合う流れになれば、最後に一気に差し切れるのはこの馬しかいません。
再度のルメール騎手騎乗で、非常に楽しみなレースになりました。

○と▲は、実績は▲のがありますが、前走JCダートでは○の方が上。
それでも、これまでの実績と、やっぱり地方での成績はずば抜けているので、▲のが人気はありますが、来年は8歳になる▲は、上積みという点においてはちょっと厳しいかなと。
政権交代というキーワードからしても、今回は3歳馬ゴールデンチケットから行きたいと思います。

多分、この3頭で決まってしまう可能性が高いですが、地方馬からは、帝王賞2着の逃げ馬フリオーソが筆頭。
そして、本当に早い流れになって、前が止まってしまうようなら、後ろから行くボンネビルレコードも入着はあるかも。

デムーロ騎手のロールオブザダイスも、持ちタイムはメンバー中3位。これまでのレースのレベルが微妙なので切りましたが、怖い馬ではあります。

と、ここまで書いておいてあれですが、明日はちょっとばたばたしていそうで、自分は買えないかもしれません。

中山10R 有馬記念(GⅠ)予想 [馬]

有馬記念というと、ゆかりんふぁーすとらいぶの時に、MCで話をしてくれたことをよく覚えています。
リンカーンとツルマルボーイを軸に、穴めの枠を500円単位で買って外したとか。
シンボリクリスエス-リンカーンの馬券を持ってたので、当たった人!
っていう時に手を上げることができたのは、いい思い出です。

そして、今日は27日。今年最後のゆかりの日。
ということで、なんとか当てたいですね!


中山10R 有馬記念(GⅠ)
◎2 ブエナビスタ
○7 マツリダゴッホ

前走、負けて強しの追い込みを見せたブエナビスタ。
今年はカンパニーでGⅠ大活躍だった横山騎手が、恐らく1番人気のこの馬で、いい形で締めくくってくれそう。
3歳牝馬の有馬記念優勝は、1960年のスターロッチまで遡らないといけませんが、今年は歴史を変えるかも。
中山コースが初だったり、不確定要素もありますが、この追い込みにはやはり華がありますので、有馬にぴったり!
ダイワスカーレットを超えてほしいと思います!

対抗は、とにかく中山コースに限って無類の強さを発揮するマツリダゴッホ。
「無類の中山好き」(@DQ9)の称号をあげたいくらいですw
一昨年の有馬記念に続き、1年越しの連覇になるか!?
前走さっぱりだったのは、コース適性皆無の府中だったからですw
そして、今回が引退レース。こちらもぜひ頑張って欲しい!
まあでも、政権交代という今年の流行語大賞から考えても、3歳馬ブエナビスタが時代を作って綺麗にまとまるのでは。

相手なんですが、全然絞れませんw
△6 エアシェイディ
△9 ドリームジャーニー
△11イコピコ
△12テイエムプリキュア
△16フォゲッタブル

古豪エアシェイディは、人気に関わらず、いつも馬券に絡まない掲示板のイメージがw
相手なりに走る力はあるので、いつも見限れないんですが、今回も一応。

ドリームジャーニーは、出遅れはデフォ。
恐らく武豊・リーチザクラウンを筆頭に、先に行きたい馬がいるので、ペースもそこまでスローにはならないのでは?
展開次第で、十分優勝を狙えます。

イコピコとフォゲッタブルは3歳馬。
マンハッタンカフェ産駒のイコピコは、距離の長い有馬記念は向くでしょう。
按上も内田騎手で、最後の直線での追い込みに期待が持てそうです。
フォゲッタブルは、以前4番人気ハーツクライの怒涛の追い込みで、ディープ一色だった有馬記念を覆した時の騎手、ルメールが騎乗。
ステイヤーズSで、古馬とも対戦して優勝。ただ例年、このレースは例年そんなにレベルが…。ということで△評価。

テイエムプリキュアは、引退撤回をしてからも、エリザベス女王杯でまさかの逃げ粘り2着とか、ぶっちゃけありえない何かを持ってますよねw
離して逃げて、ハイペースに見せかけて実はスロー…とか、あれよあれよと、まんまと逃げ粘ってくれる可能性も、0ではないはずw
今年のアニサマの、新谷さんとのコラボはプリキュアでしたし、ぜひ頑張って欲しいと思います!

基本の買い方は、軸の2-7から、△5点に3連複流しで。
まあ、ぶっちゃけ最後までうちは今年はゆかりの日、2-7押しでいきますよ!
ということで!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。